永吉研究室所属の情報学部情報社会学科(ISプログラム)4年生の中山駿君が、2018年3月15日に実施された第1回経営情報学会東海支部学生研究発表会において、自らの卒業研究『オンライン会議における非言語情報と会議の満足度の関係性参加人数の観点から』をもとにした研究発表を実施し、銀賞を受賞し、表彰されました。

永吉研究室所属の情報社会学科3年生杉山果穂が、経営情報学会2018年春季全国大会で発表を行いました。(2018年3月9日)

題目:杉山果穂・小笠原啓介・永吉実武 「若者世代におけるコーヒーのイメージ分析-多次元尺度構成法による認知マップの作成 」

ポイントを絞ったわかりやすい発表でした。

また、発表後は、多くの先生方から質問やアドバイスを受け、関心が高いテーマであることが確認できました!この場での交流をもとに、より完成度の高い研究に仕上げていきましょう!