永吉研究室所属の情報学部情報社会学科(ISプログラム)4年生の中山駿君が、2018年3月15日に実施された第1回経営情報学会東海支部学生研究発表会において、自らの卒業研究『オンライン会議における非言語情報と会議の満足度の関係性参加人数の観点から』をもとにした研究発表を実施し、銀賞を受賞し、表彰されました。

指導学生らが第16回SOHOしずおかビジネスプランコンテストでアイディア賞を受賞しました。ご協力いただきました企業の皆様や諸先生方にこの場を借りて感謝申し上げます。

第16回SOHOしずおかビジネスプランコンテスト入賞

新メンバー(3年生)が配属されて1ヶ月が経過しました。今年は、東京に拠点を定め、他大学の訪問、企業訪問(5社-ベンチャーから大企業:鉄道・広告・金融・通信・ITなど)、アクティビティを含め、忙しい3日間を過ごしました。

私どもの訪問を快くお引き受け頂きました皆様、ご準備等頂きました皆様なご協力に改めて感謝申し上げます。

ちなみ、VR技術がビジネスパフォーマンスの向上にどのように応用できるかを皆で考えていきたいと思い、まずは、「VRとはどのようなものかを体験せねばならない!」ということで、VRも体験してきました。かなりリアルで「めまい」がしてしまいました。

 

静岡大学情報学部の専門科目である「先端情報学実習」の一つのプロジェクトとして、「米国シリコンバレーの学習と “HAMAMATSU Valley”実現化提言」を青木先生と一緒に推進しています。

2017年5月26日(金曜日)には、本プロジェクトの一つの特徴である、シリコンバレー日本大学との連携による遠隔講義を実施しました。ご講義いただきました桝本博之学長には改めて感謝申し上げます。

当日は、静岡県、浜松地区を代表する金融機関の皆様や新聞各社の記者の方にもお越しいただきました。重ねて御礼申し上げます。

取材いただいた新聞社様には、記事を掲載いただきましたので、ご参照ください。

中日新聞Web
http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20170527/CK2017052702000033.html

毎日新聞Web
https://mainichi.jp/articles/20170528/ddl/k22/100/154000c

静岡新聞Web
http://www.at-s.com/news/article/education/college/363725.html

なお、6月と7月にも各1回遠隔講義を実施する予定です。桝本学長からの宿題も出ていますので、学生・教員が一丸となって、悩みながら考えていきたいと思います。

静岡大学 情報学部の青木徹教授とご一緒させていただき、情報学部の専門科目の一つである先端情報学実習の一環として、「米国シリコンバレーの学習と “HAMAMATSU Valley” 実現化提言プロジェクト」と題し、アントレプレナーシップ教育を開始します。実施に際しては、リモート会議システムを用いてシリコンバレー日本大学と接続し、ご協力いただきます。情報学部2年生で関心のある方は、是非参加してください!

http://www.inf.shizuoka.ac.jp/news/detail.html?CN=154036